--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-23

トルコで起きた事件ではないですが…

ht_Oksana_Makar_jt_120317_wblog.jpg
彼女の名前は
oksana makar

ウクライナで起きた
強姦殺人未遂事件の被害者。
事件の詳細はこちら→http://abcnews.go.com/blogs/headlines/2012/03/new-outrage-raped-teen-hospital-bed-video-posted-online/(ただし、英語だよw)

18歳の少女を
強姦の上に、
首を絞め

死んだ、と勘違いした
犯人達は

彼女を工事現場に
連れて行き

上からガソリンをかけて
燃やした。

燃えたのは主に
下半身。

腎臓や右手首から先は
焼失。

全身の皮膚の
55パーセント焼失。

でも
彼女は生きていた。

呻き声を聞きつけた
工事関係者の通報によって

病院に運び込まれるが
いまだに

生死の境を
さまよっている。

生きながら焼かれた
彼女の恐怖と痛み。

もう、言葉になんか
表すのは
不可能だろう。

ただし。
意識がしっかりしている
彼女は

容疑者の名前を
警察に告げる。

警察に逮捕された
3人組の若者は

地方政府高官の
息子たちと、その友人。

お陰で、一時は
無罪放免となったのだが。
oksana.png
各種団体や市民の
猛烈な抗議行動により

中央政府が動いて
彼らは、やっと
投獄されることに。

彼女の治療費を捻出するために
母親は、ユーチューブに

彼女のビデオを投稿。
(ロシア語だけど)

苦悶の表情を
浮かべつつ

「生きたい」と繰り返す
燃え尽きてない
一つの命が
そこに写っている。
http://youtu.be/nS0wg9nwHdQ(ただし、ロシア語だよw)

こんな残虐な
事件を起こしながら

一時無罪放免になりかけた
くそったれドラ息子3人組。

人間の社会とは
権力とは

かくも腐った
汚らしいものなのだ。

きっと、父親の足とかに
すがったりして

「パパ~!僕を助けて~!なんとかして!」
なんて
言ったりしたに違いない。

でも
それを許さなかった
ウクライナの市民に

ブラボー!の
拍手喝采をおくりたい。

なくならない
弱者への暴力。

胸がむかついて
吐き気がする。

実はトルコでも
女性に対する家庭内暴力は

社会問題に
なっていて

毎日、離婚した元夫に
殺された女性、だの

交際を断られた事に
腹をたてた男が
女性を殺害する、だの。

そんな記事が
社会面を
占拠する。

義母なんかの
話を聞くと

彼女が若かった頃は
家庭内暴力を振るうのは

男達の一種の
ステータス、だったような

そんな風潮が
あったようでw

やっぱり、どうしても。
男尊女卑の
旧体裁をひきずる

トルコの
ダークサイドが

イマダニ、
ちらちらと
顔を覗かせているようだ。

経済的に
猛スピードで

躍進を続けている
トルコだからこそ

民衆の精神面での
改革にも

拍車がかかることを
期待して、やまない。

人間はみんな
男も女も

黒も白も黄色も
大きいのも小さいのも

全部、平等だよね!!!



スポンサーサイト
ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。