--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-07

The 大掃除!

こないだ。
久しぶりに

ヨズガット県の
村に
行ってきやした。

なんでも。
実家にある

客間、を
掃除せんといかん、
とかで。

わしも手伝い要員として
召集されたわけさw

トルコ人って
客をもてなす事に

とてつもない労力をかける
民族だ、と
思うのだが。

そんで。
もてなす事で

お客さんが満足してくれる
って事が

名誉であり、ホコリである
みたいな。

現代の都会でこそ
ずいぶん、

そういう風習が
すたれてきている、とは
思うものの

それでも
田舎方面では

まだまだ、
この気風は

かなり
色濃いのだw

で。
ひつじと~ちゃん実家にも
先祖代々?伝わる

村の中では
ちょっと有名な
客間がある。

ひつじと~ちゃんの
おじいさんの時代は

村々を回りながら
商売をした、商人とか

都会から来た
おエライ様ご一行とか

いきずりの
旅人や

果ては、
村から村を
渡り歩く

お乞食さん
達まで

トビラを叩く
人間には

すべて
快く、客間を開放し

客人として
丁重にもてなした、そうで。

ひつじと~ちゃんの
覚えている限りでは

客間の入り口には
いつも小銭の入れてある

カゴまで
備えてあって

旅人が手持ちのお金に
困っているなら

そこから
お金を持って行けるように
なっていたそうだw

もちろん。
お客さんの食事から
寝床の支度まで

すべては。
当時、嫁だった

義母の仕事だった
わけだけども。

お乞食さんが
泊まったアトには

布団を干したり
叩いたりすると

中からノミが
ぴょんぴょん、出てきて

困ったものだったわ~w
なんてw

笑えない昔話も
聞いた事があるw

昔は、当然
ホテルなんてもんは
ないから。

お客人は全部
お泊りだったわけだよな~w

夕食に出した
料理に当たって

腹が痛くてかなわん!
慰謝料を出せ!と

言いがかりをつけられたり
した事もあって

でも、そん時は
幸い、

その家の
おばあさんが

悪者の悪巧みを
窓の外から
小耳に挟んでいて

腹が痛え、と
暴れる男共を

これでもくらえ!と
自分の杖で

メッタウチwに
したところww

ホウホウのテイで
逃げて行ったとかw

とにかく。
この客間。

この一族の
いろんな思い出の
詰まっている

大切な
離れ、なのだよ。
002_20120504083723.jpg
これが、その客間。
正面が
座る場所で

左に見える
平らな場所が

布団を敷くのに
使われる場所。

掃除中だから
汚いですがw

003_20120504083926.jpg
多分、築100年近いと
思われまふw

柱とか
年季入ってる的でしょ~w

この座布団から
カーテンから

ナニから、ナニまでを
表に引っ張りだして

まずは、日光浴
させるのだw
001_20120504084118.jpg
部屋の隅に
積んである布団さん。

これ。
大した事ないように
見えるけどw

全部、羊毛で
作ってあるので

敷布団なんて
男手を借りないと
持ち上がらないほど

とにかく
アホみたいに、重いww

ちなみにw
ヨズガット地方の
方言では

アホみたいに
重いモノを

「エッシェキ・ウルス ギビ…」
(死んだロバみたいに、重い)
というw

ど~でもいい
スラングだけどw

掛け布団も
もちろん
ロバ死体的で

あまりの重さに
かけて寝た日には

もれなく
悪夢にうなされるぞ、って
おまけ付きのスグレ物w

昔の田舎の人は
とにかく、
頑丈だったんだよなw

で。
部屋の中を空っぽに
した後は

壁の色を
塗り替えて

天井の梁の
ほこりを落として

真夏なら
絨毯も洗うとこ
なんだけど

今は、まだ
春先なんでw

絨毯は、乾かん、
ということで

はたいて、ホコリを
取るだけに。(助かったw)

義兄嫁達は
朝9時から
やってたんだけど

ひつじ飼い一家は
遠路、という事もあって

昼の12時頃から
参戦w

夕方の5時くらいまで
やって

何とか、無事に
掃除終了~…www

もうwあ~たw
腕も、腰も

足もお尻も?
とにかく、

痛くない場所は
残ってませんぜ、
ってな感じでww

帰りは
ひつじと~ちゃんに

ひきずってもらって
やっと車に乗って
帰ってきた、状態どしたw

真面目にw
田舎はやっぱ

力仕事が多くて
繊細なひつじ飼いには←言ってる本人が、一番カユイw
向いてないっすw

お義母さんの時代には
このロバ死体の布団

牛や羊が踏むから、と
担いで、屋根の上に登って

そこに干してた、
つ~んだからw

もう。
開いた口が
開きっぱなしになりやす。へい。

004_20120504085754.jpg
庭に近所の
牧羊業を営む
オウチから

お客に来た
カンガル系のワン太君。

多分、夏頃にまた
今度は、母屋の掃除が
あるんだよなあ~ww

うううw
今から筋トレでも
しとくか…www



本日もお付き合い
いただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

esek olusu... 初めて聞きました。地方によっても違うのかもしれませんね。20年近くいますが、初耳の言葉です。

田舎はなんだかんだと仕事が多いですよね。私もいやです。

痩せるんじゃない? w

マカルナさん。

確かに!
私も、書いてから思ったのですが
これは、かなり中部アナトリア方面の
方言だったかもな~と
思った次第ですw
しかも、結構な卑語ですかなw
マカルナさんの田舎も、力仕事多いですか?
やっぱ、田舎は、どこも同じですね~w

buntaさん。

ちゅうか、痩せる前に
足腰ばらばらになりそうっすw
ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。