--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-26

キリスト教徒なトマトw

トマトは
キリスト教徒だったんだってw
皆、知ってた?
domates1.jpg

エジプトの
とある、

頭の固い系の
イスラム色の強い
グループが

この度
フェイスブックに
この写真と共に

こんな書き込みを
したんだそうなw

「トマトを食べるのは、宗教的タブーです。
なぜなら、トマトはキリスト教徒だからです。
トマトは、アッラーの神のかわりに
十字架を掲げ、神が一人ではなく
三人いる、と示しています。
我々に、アッラーの神のご加護がありますように。
パレスチナに住んでいる、ある女性が
教祖マホメットを、(夢で)見たそうです。
彼は涙ぐみながら、トマトは食べてはいけない、と
注意したそうです。
もし、このメッセージを、他の人に伝えないのならば
それは、悪魔があなたの邪魔をしているからなのです。」

この最後の、
他の人に伝えないのなら…
辺りは

すでに
チェーン・レター化
してるんっすけどw

いいんすかねw

これには
さすがに

同じ
イスラム教の国の人からも

寝ぼけた事
言ってんじゃねえよ!
ってなもんで

2800を超える
フォローがつき

かなり
痛烈な皮肉を
くらいまくりw

これを載せた
グループは
慌てて

「いや。食べちゃいけない、なんて
言ってないです。
十字架模様が
出る形には
切らない方が
いいです、って
言っただけですw」

とか
なんとか。

かなり、
尻しぼみな勢いで

前言を
マッハの速さで
ひるがえしました、とさw

だったら、
最初から、
やるなってw

トルコからは
どんなフォローが
出たでしょうか。

「トマトはキリスト教徒なら
メネメンは、十字架の国、ってとこか」

「はい、どうぞ。
これは、トルコ愛国トマトです。」
Av6gexGCAAEh0uY.jpg

「トマトは、キリスト教徒なんだってさ。するってーと、トマト栽培協会は
バチカンに行って、ローマ法王から、苗もらってくる、ってわけだな。
セロリは、さしずめ、仏教徒かな?」

「エジプトで、あるイスラム強硬派グループが
トマトはキリスト教徒だ、って宣言したんだとさ。
ところで、きゅうりの信仰については、どう思ってるんだろうね?」

「聖痕のあるトマトでも
見つけたっていうのかね」

「トマトは、キリスト教徒。ローマ法王もキリスト教徒。
だったら、ローマ法王は、トマトってことか。」

「この、トマトはキリスト教徒だ、って
言ってる連中と、
空飛ぶスパゲッティー怪獣教会を
作った奴らって、同一人物じゃないよな」

トルコの人は
まだまだ

感覚が
フツウでよかったw

以上
6月21日の
ヒューリエット新聞から
でした!





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす!









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ははははは!!

笑ってる場合じゃないけど、笑っちゃいますね。そう、笑い飛ばしましょう!
宗教的には原理主義、思想的には国粋主義。妥協を許さないゴリゴリ頭。
これ、個人的には仕方ないけれど、他人に押し付け始めたら要警戒ですよ。
妥協の無いところには争いしかありませんからね。
自分も主張する代わり他人の意見も尊重するのでなければ成り立ちませんよ。
トルコ軍機撃墜事件。
私も心配してました。なんたって「かっと熱くなるのがトルコ人気質」でしょ?
アジアでも同じような国がありますが、独裁が続いた歴史はありません。国民を恐れて国は統治できないでしょうに、自分の失脚を恐れて国民を弾圧すればするほど、空気を圧縮しているのと同じように反発力は強まっていくんですよね。
遠くはフランスのルイ16世(?)とマリー・アントアネット、ロシア皇帝一家、ルーマニアのチャウシェスク大統領夫妻、最近では、リビアのカダフィ大佐一家、悲惨でしたよね。国民はもっと悲惨だったけれど。
トルコは重量感が出てきているんじゃないですか?アタチュルクの「教え」は、是非継承していって欲しいですね。トルコが国際間で重要な地位を得るためにもね。
「宗教は精神的なもの、政治は、現実的なもの」これをごっちゃにしたら、精神論で政治をやるようなことになるでしょうね。

うちも!

昨日、朝食の時ババがおもむろにトマト持ってきて切り、食べたいのかと思ったらこの話してました。ババがどんな意見持ったのかは知りませんが、旦那は、馬鹿げてると言ってました。
私も馬鹿げてると思う。( ̄ー ̄)

バカバカし~

エジプトだってトマトよく食べるんじゃ。。。
それにしてもホントに最後の感じは不幸の手紙風ですね。こういう手口は全世界共通なのかと思って興味深かったです。
トルコ愛国トマトがよかったね!

ばくさん。

全世界的に、強硬派、右派が、台頭してきてるような
世の中ですよねw最近w
イスラム、という宗教自体が、妥協しにくい面もあるのかな、とも
思うのですが、争いは避けなきゃいけませんなw
シリアの飛行機撃墜は、ヒモの上を綱渡りしてるみたいで
危なっかしいですねw
うまく収まってくれると、いいのですが…w

namikoさん。

これ、トルコの新聞では、結構どこも
取り上げたもんね~。ただし、ほとんどが
批判的だった、と思うのですがw
やっぱ、若い人の方が、頭、やわらかいしね~。
馬鹿げてる、より他に、言いようがないような…w
笑っちゃえ~!!

saoさん。

そもそも、そういう事言うあたりからして
あんた達の方が、よっぽと怪しいんじゃないの?とか
思っちゃったりするんですが??
ほんと、大人気ない…と思いますですw

ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。