--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-25

詩の話が、何で葬式に…(爆)

本日、学校から帰った次男に
「先生、プレゼント、気に入ってた?」
と聞いてみた。

彼は、上得意そうに
「うん!すっごい気にいったんだって!
それで、クラスの掲示板に飾ったよ♪」

「へえ~。よかったねえ。ところで、他の子も
なにかプレゼントしてた?」

「詩を書いてきた子が、たくさんいたよ。
他には、ペンのセットとか、バラの花とか
持って来てる子もいた!」

そうそう。
トルコの子供は、

詩を書く練習を
たくさん、

学校で
させられるから。

割と、皆、上手に
詩を作るんだよね。

喜怒哀楽をこめて
何かを伝えたい時

トルコ人って、よく
詩を使うと思う。

うちの義母さんくらいの
年代になると

それをまた
うまい事

即興の節にあわせて
「トゥルク」といわれる

民謡風にアレンジして
歌ちゃったりする。

昔の人は、
この即興の民謡合戦なんかを
よくやったそうだw

都会方面なんかでは
さすがに、もう
ないだろうけど。

田舎や、
東部の方へ行くと

いまだに
葬式の時に

即興の悲しみの詩を
作りつつ

泣きながら、
ヒザを叩きつつ
(ひざを叩く、というのは
嘆きのアクションなのだ)

それを歌い続ける
おばちゃん、とかを

見ることがあるかも
しれない。

悲しい時は
押し黙って泣く
という

文化の持ち主の
日本人としては

悲しみの感情を
詩にしつつ

声を張り上げて
それを歌いつつ

泣きまくる、という
騒々しさに

申し訳ないが
圧倒wされたものだけどw

トコロ変われば
何とやら、という
やつだなw

トルコ人も
葬式なんかでは

人前構わず
泣き喚きまくるので

日本人のように
押し黙ったまま

じめじめと
泣いている、というのは

一種不気味に
映るかもしれないねw

普通、トルコの
葬式では。

何か特別な事情が
ない限り

亡くなった人は
その日のうちか

遅くとも、
次の日には
埋葬される。

イスラムでは
一刻も早く埋葬しないと
いけないんだそうだ。(本当?)

棺桶は
皆が、肩で担いで
墓場まで持っていき

お墓では
棺桶ごと埋葬しないで

必ず、中から出して
直接、土の中に埋葬する。

ただし、
板を何枚も
つっかえ棒に使って

顔や体に
直接、土がかからないように
するそうだ。

その日から
延々と、葬式が始まる。

葬式って…
埋葬しちゃってから

何をするわけでも
ないんだけど。

家族は、ただただ
途方に暮れて
悲しんでいて

そこに、次から次へと
弔問客が来る、という
次第。

中には、ホジャを
連れて来て

お経をあげて
いく人もいるけど。

仏壇(祭壇)も何もないから
ホジャの周りに
皆、集まって
お経を読むわけ。

ご飯は、3食
近い親戚などが
用意してくれる(らしい)

家族は、悲嘆にくれているので
ご飯どころでは、ない
という事らしく

何日も、何日も
入れ替わり、立ち代わり

近い親戚が
料理を持って来たり
ピデを作らせて、持ち込んだりする。

結婚式には
お金を上げるけれど

葬式では
お香典みたいな
習慣はない。

何日で終わり、という
期限がなくて

弔問客が途切れるまで
延々と、葬式は続く。

そのアト
49日みたいに

しばらくたってから
亡くなった人を偲んで

なるべくたくさんの人を
招待して
食事が振舞われる。

1年くらいは
お墓は、盛り土のまま
放置されるんだけど。

1年くらいたって
地盤が固まってから

上に、大理石などの
墓石を

改めて、作ると
いうわけで…。

………。
何で葬式の話になんか
なったんだ??

何だか、湿っぽいなあ~w
ひつじ飼いのブログじゃあ
ないみたいww

え~と。
詩の話だったっけ?!

…でも、こんなに
長々と書いたら

何だか、もったいないような
気になったのでww

今日は、このまま
アップしちゃえww

まあ、たまには
真面目な、文化の違いの
お話だった、ってことで♪




本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます♪

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

イスラム教

 聞いた話ですが、イスラム教では死後24時間以内に埋葬しないといけないそうですよ。
 
 でも24時間とはあわただしいですよね。遠くに住む親族は顔も見られないまま葬られることもありそうですし。

チューリップさん。

そうそう!私も24時間以内、というのは、
聞いたことあるんですが、何で24時間以内なのか、
というのを、知らないのです。
なんでだろう?

うちの義父が亡くなった時には
遠方の兄弟が、どうしても埋葬する前に
一目見たいから、と埋葬しないで、彼らの到着を
待っていましたね。
でも、24時間は過ぎなかったかな~…。


ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。