--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-12

テロリストを追い払った先生

昨日の新聞に
学校に侵入したテロリスト達を、教師達が追い払う!

という記事が
のりやした。

高校に侵入した
10人ほどの

テロリストグループと
教師達がもみ合いをして

結果、
一部テロリストの爆弾を
取り上げ

テロリスト達は
逃走だそうで!


ヒューリエット紙より

事件の詳細は
こう。

10月9日、朝8時半頃。
授業開始前の

ディヤルバクル県の
「シェヒットリック高校」に

覆面をした
約10人ほどの

PKKテロリスト
グループが侵入。

逃げ惑う生徒達を
かきわけ

校長室や教員室に
火炎ビンを投げ込んで

火災を
発生させた。

更に、生徒達のいる
教室に

爆弾を投げ込もうと
した時

副校長のシュクル・キキザーデさんは
テロリストに
つかみかかり

「何をするんだ!子供達を殺すつもりか!」


テロリストと
もみ合いになった。

テロリストは
「離せ!離さないと、俺と一緒にお前も
吹っ飛ばすぞ!」
と脅すが

シュクルさん、
ひるまずに

テロリストの手から
爆弾を取り上げる事に成功。

他の教師の応援と
あいまって

激しい抵抗にあった
テロリスト達は

警察に捕まる事を
恐れて逃走…。

一部生徒と教師に
けが人がでたものの

死人が出ることなく
事なきを得た、というもの。

いや~~~!!!先生、エライ!!!!
なんですか。
この熱血さ!

自分の命も顧みず
子供達を守るために

爆弾テロリストに
飛び掛っていく、
この勇気!

トルコって本当
いい意味で

アツイ人
多いよ。すごいっす。

数年前には
街の大通りの真ん中で

自分の子供の命を
守るために

爆弾を爆発させようと
していた

テロリストに
飛び掛って

一緒に爆死した
お母さんの記事が
のったけど。

「自分の命」って
そんなに簡単に

忘れられるもの、
なんでしょうか。

自分がこの
お母さんだったら。
この先生だったら。

瞬間的にテロリストに
飛びかかれるだろうか。

本当に
この勇気に脱帽です。

こういう先生が
いる学校なら

安心して
子供を預けられる、って
もんで。

今、日本で。
教育の危機が

叫ばれて
久しいけどw

本当に
信頼できる教師

本当に
子供のためを思って

行動する教師、って
どのくらい、いるだろうか。

もちろん、人間
誰でも自分の身が
かわいいだろうが。

教育の難しさ、
教育という仕事に携わる事の
難しさを

もっと
真摯に受け止めたら
どうだろうか。

爆弾テロリストと
もみ合う事を考えたら

いじめにあってる子供を
助けるの、って

そんなに難しい事じゃあ
ないんじゃないか。

保身ばっかり考えてるから
生徒から

信頼されないんじゃ
ないのかな。

トルコでは教師は
今も「聖職」なんだけど。

日本でも、昔は
そうだったと思う。

どうして「聖職」
だったのか。

もう一度、皆で
考え直してもいいんじゃないの?と
思った事件でしたw





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

愛の対象を家族から友人へ、友人から国家へと拡大していった人を英雄と呼ぶのです。

英雄と呼ぶに相応しい先生たちですね。
もちろん我が子を守り、その他の人達を救ったお母さんもです。

buntaさん。

まさしく、ホンモノのヒーローだと
思います。
トルコには、こういう人間が育つ
フトコロの深さがある、と思いますね~。
素晴らしい事です。
イジメ自殺を隠蔽する、アホ教育委員会に
ツメのアカを煎じて、
飲ませてやりたいですw

う~ん!

私もこの記事(いや、日記)を読んで熱くなりました・・・・・日本で報道されたのかなぁ・・・・・このところ、忙しくて新聞の全面に目を通してないので分かりませんが、今回のチョバンさんの意見、想いには全面的に賛成します。

私もトルコ在住ですが日本のことはおいといて トルコの田舎はわかりませんが 都会では先生は聖職なんて過去の話です。
私利私欲に溺れてせっせと親からいい理由を付けて金を巻き上げてます。親の方も自分の子供が差別されないように先生のいいなり、本当に子供のために思う先生って日本でもトルコでも少なくなってると思います。

ばくさん。

世界的に報道されることは、なかったと思いますね~。
割と、トルコでは、すごい事だけれども、
日常の一コマ、的に扱われてるような
感じがしますねw
こんな先生が増えてくれると、嬉しいですね~。
トルコでも、日本でも!

トル子さん。

ええ~っ!!!
それは、初耳です!!
公立ですか?私立ですか?
それは、ヒドイなあ~。
学校関係の文句を言う、政府の専用ダイヤルが
あるじゃないですか?
あれに、言いつけてやったら、どうですか~?!
ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。