--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-15

死なないで!マララ!

パキスタン
スワット渓谷。

この名前
どのくらいの人が
知っているだろうか。

ここで今。
一人の14歳の少女が

死の淵に
引き込まれそうに
なりながら

必死に
生きるための戦いに
挑んでいる。

webworld031012.jpg
マララ・ユスフザイさん。

スワット地区の
ミンゴラという街に住む

14歳の
女子中学生。

ただし、フツウの
中学生ではない。

14歳にして
人権運動家、である。

2009年、11歳の時に
武装勢力ターリバーンの
支配下にあったスワット地区で

恐怖におびえながら生きる人々の惨状を
BBC(英国放送協会)ウルドゥー語版のウェブサイトに

「パキスタン人女子生徒の日記」
というブログで暴露。

グル・マカイというペンネームで
ターリバーンによる女子校の破壊活動を批判、

女性への教育の必要性や
平和を訴え続け、
欧米から注目された。

スワット地区が
パキスタン軍の掃討作戦により

ターリバーンから
解放されたあと

政府は彼女の本名を公開
「勇気ある少女」として表彰。

講演会などに
出席するなどして
活動を続け

昨年は、パキスタン政府から
第1回国家平和賞を贈られ、

世界子ども平和賞にも
ノミネートされていた。

ところがw

Pakistani-Government-Offers-Bounty-For-Malala-Yousufzai.png
2012年10月9日。
通っていた学校から
帰宅するために

スクールバスに
乗り込もうとしたところを

パキスタン・タリバン運動(TTP)
の差し向けた

複数の男達の
グループによって襲撃され

頭と首に銃弾を受け
重傷を負い

現在も病院で
彼女を救うために

懸命の努力が
続けられている。

TTPの報道官
アフサヌッラー・アフサンは

彼女は年は若いが、
これは『反道徳的行為』であり

我々はこれを終わらせなければならない
とAP通信に語り

さらに
マララが生き伸びれば

再び彼女を襲撃する、と
警告している。

アホである。
我々はノータリンである、と

世界中に
公言している
この、愚かさ。

自己のエゴのためには
子供でも殺す、という

この身勝手な
言い分。

奴らの唱える
アッラーの神様の世界が

いかに虚偽に満ちた
ウソモノであるか

この残忍な
一面をもってしても

十分に伺える、と
いうものだw

これでは、
世界中の人が

イスラム教を
ウサンクサイ、と

感じるなと言う方が
無理ってもんだよw

こういう輩こそ
アッラーの神の名の元に

成敗されるべき
存在だと思うw

イスラム教徒は
自分達の名誉のために

こういうアホと
戦いを挑むべきでしょw

Malala+Yousafzai+px.jpg
パキスタン国内の
政治家や宗教家はもちろん

世界中から
非難の声があがり

各地で
マララの回復を祈る
集会が開かれている。

e8b34__13malala_337-articleLarge.jpg
マララのために
たくさんの

女子学生達が
祈っている。

自分達の道を切り開いてくれた
素晴らしい先輩のためにw

スワット地区は。
昔は、

美しい自然に囲まれた
「東洋のスイス」といわれた
場所だった。

しかし
突然のタリバンの襲来により
人々は

悪夢のような生活を
強いられるようになった。



このビデオは
2009年に制作されたもので

現在は、一応
政府が制圧した、と
言われているものの

今回の事件で
依然として

ターリバーンの勢力が
強い事を
改めて伺わせた。

こんな場所に
住んでいながら

声をあげた
一少女の勇気。

何度も
TTPから
脅されつつも

活動をやめなかった
その度胸。

こういう人材こそが
イスラム教の前途を
切り開く

ホンモノの指導者に
なれるのではないか。

まだ14歳なんだもん。
終わらせるには、
早すぎる。

イスラム教のお祈りは
わからないけれど

自分も心から
彼女のために
お祈りしたい、と思う。





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ポちっと」応援、よろしくお願いしまっす♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全くなって言う馬鹿共なんでしょう!

日本でも報じられています。
稲妻のような怒りを感じます。
「みなさん!イスラム教を信じるのを止めましょう!イスラムの実態はこれです!」って言ってるのと同じじゃないですか?!
イスラム内部からもっと非難が上がって当然でしょうに。
アラーの神が、マララさんを救ってくれることを信じますよ。そして、マララさんがこれからもみんなの為に働けることを祈ります。

私、イスラム教のみなさんがだいすきです。

シンアイはクリスチャンですが、イスラム教の皆さんが本当に大好きです。
今夏のイフタルもたくさんの時間を共有しましたよ。

このニュースは私も拝見しました。私のようなものがなんと言ったらいいのかわかりませんが、再び彼ら彼女らの笑顔に出逢えることを切に願っています。

まとまりのない文章でごめんなさい。

うん・

イスラム教徒=ちょっと怖い

これ、こういうただの生まれながらのイスラム教徒で、
コーランを読んだこともなくて、教育を受けていないクソバカなけだものの集団のことですな。

これだから、井の中の蛙の生まれながらのイスラム教徒ってのはいやなんですよ。
教育を受けて、自分で見極めてイスラム教徒になったひとなら、こんなケダモノみたいなことしないもの。 
あー!!!はらたつ。

ばくさん。

今日のニュースでは
マララさんが、イギリスの病院に搬送された、と
伝えていました。ナンとか、助かってほしいですね。
感情的かもしれないけれど、自分の息子と同じ年だ、と思うと
余計に胸が痛みますw
私も、イスラム教徒は、もっと
こういう輩に、強い態度で出るべきだ、と思います!


シンアイさん。

私も、自分がイスラム教徒の中で
暮らしているからこそ、彼らの良い面も
たくさん、知っているつもりです。
こんな事で、イスラム教全体の評価が落ちるのは
残念でなりませんね~ww
今こそ、アッラーの神様は、こういう
ヤカラにが~んっ!と罰をくだしてくれたらね~と
思います。

Chieさん。

教育を受けていない、貧困層には
罪はないと思うんです。
問題は、それを知っていながら、自分達の
政治的な目的で、その無知さを利用する
幹部達では、ないでしょうか。
片方で、神の名をかざしながら、片方で平気で
人を騙して罪を犯させる、という
この狡猾さ。
まとめて、地獄の底まで
行ってほしいですねw

ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。