--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-22

世界滅亡の次の日(笑)

さて!!!
おはようございます!!皆さん!!

トルコ
全然滅亡する雰囲気
ないんですが(笑)

日本の方は
どうだったでしょうか~?

1日ずれる可能性がある、とか
言ってるヤカラも

いるらしいけどw
1日ずれたら、

2日ずれても
3日ずれても

全然、カンケーないじゃんねw
そんなアンクリアーな事じゃあ
いかんよw

昨日の夜は。
NTVというチャンネルで

ドラマ仕立ての
「世界の終わり、4つのシナリオ」

という番組を
見やした。

最初の話は
見逃したもののww

2話目は、巨大隕石が
地球に飛来する、というモノ

3話目は、
未知のウイルスが発生して

全世界規模で
病気が流行する、というもの

4話目は、
人間が、高度に進んだ器械で
化学実験を試みるんだけど

これが、失敗に終わって
そこに、

巨大なブラックホールが
出現して

地球上の全てのモノを
吸い込み始める、というもの。

巨大隕石は
今回の滅亡話でも
主役だったけど。

隕石inseki_1
いつ起きたって
おかしくないワケで

宇宙の中に
浮かんでいる惑星である以上

こういう事故の可能性は
絶対ある、と思うw

実際
地球の歴史の上では

何回か、
起こった事件だしねw

未知のウイルスに関しても。
こないだの

トンフルを
思い出せば

全然、ありえる
話だしw

インフルエンザimg_624112_38413936_1
エボラ出血熱なんて
もし、全世界規模で流行したら

大変な事に
なるだろうしwww

最後の人間の
科学実験も

ほら。
スイスの欧州原子核研究機構
がモデルかな~ってw

2008091622-1.jpg
2010年の
大型ハドロン衝突型加速器の
実験、あったじゃないすか。

あの辺りを
モデルにしてるよね。絶対に。

ともあれw
今回、滅亡をまぬがれた
地球庶民も

気持ちを新たにして
未来に向かって行って
ほしいもんですw

戦争とか、人口爆発とか
南北極の氷が溶けてるとか

オゾン層破壊が
広がってるとか

地球を取り巻く環境は
決して、明るい感じじゃあ
ないからね~ww

とか言ってる間に
2012年も、あと10日!

年末も
おしせまってますな~w

お正月だ!クリスマスだ!
と、

トルコの田舎の片隅で
一人で盛り上がってるんすけど(笑)

どうか。
2013年も

地球上のみ~~~んなにとって
幸せな年になりますように…www








本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あれっ?

気がつかなかった?
オブルドゥンヤにいるんだよ?
マトリックスみたーい

世界の終わりは来なかった

来たのはカレンダーの終わりでしたねww
ノストラダムスで日本人は散々騒ぎましたから今回は冷静でしたね。

米国のTV番組Doomsday Preppersというのを観たことがありますか?
私は観たことがなかったのですが、CT小学校襲撃犯の母親がPrepperだったというニュースを見て、Hulu+で観てみました。
この世の終わり(12/21とは限らない)に真剣に備えている人たちがいるようです。
ある程度の食糧備蓄、自給自足、太陽光発電などは良いんですが、
社会制度が崩壊した後に自衛するという理由で多量の武器を保有している人たちもいるみたいです。
そんなのが憲法で当然の権利として認められてて取り締まることができない社会が恐ろしいです。

こういう人たちは近代社会の崩壊後、備蓄がなければ自分は他人を襲撃して略奪すると考えるので、
当然他人もそうするだろうと思うようです。
そして備蓄している自分達はターゲットになると考えるんでしょうね。
常軌を外れてParanoiaの域に達しているように見えます。
銃器の大量備蓄を見て「T2のサラ・コナーかよ~」と思いました。

本当に恐ろしいのは、幽霊でも天災でもなく、一般市民が大量の武器を保持できてしまう環境です。

ちぃぼぅさん。

わ~~~おっ!!!
気がつかなかった~~!!!
そんなんなったら、コワイ~!!

マナティ~さん。

あ~、世界の終わりが来なくてよかった♪と
どんちゃんパーティーをして、解散~♪くらいなら
罪がなくていいけれど、パラノイア的に信じてる、というのは
コワイですね~ww
銃が認められている社会の、反作用…。
しかし、先日の小学校襲撃みたいな事件が起きると、
また、銃武装正当性が、まことしやかに、話題に上ってくるんですよねw
結局は、悪循環の繰り返しですw

日本でも、古くは、平安時代に
終末論が大流行したんですよね。
一定の期間をおいて、定期的に、終末論って
流行するんですよ。
これ、ある意味、人間の本能的?な性質と
関係してるのかも、しれません。
それをいちいち、本気にするのは、
私は、大変馬鹿げた事だ、と思ってます。
私も、本当に世界を滅亡に導くのは
人間そのものだ、と思います…。


そうそう!

「ノストラダムスの大預言」って懐かしいですよね。
私なんか何冊本買ったかなぁ!?
水上勉でしたっけ、あの著者。
ぼろ儲けして今何なさってるんでしょうね。「富士山大噴火」ってのもありました・・・・
この手の「話」は、お化けの話と同じで「怖さ半分、興味半分」で取っ付き易いんでしょうね。
金儲けには絶好のネタだと思いますよ。
ただ、いかにも真実らしいそのネタを見つけるのがねぇ・・・・・・・・・・・
でも、本当に怖いのは「人間の争いと人間の身勝手」でしょうね。
謙虚につつましく生きていきたいものです。
「神を恐れぬ所業」と言いますが、最近の人間は神を恐れないどころじゃないと思いますよ。

ばくさん。

実は、今回の
「マヤ文明のカレンダーの滅亡説」
ノストラダムスに続く、信憑性の高い予言!てんで
やたら、注目されてたんですよね~w
まあ、当たらなくて良かったですがw

トルコでは、人類滅亡よりも、
お隣のシリア国民滅亡(!)説の方が
関心が高くてw
かわいそうに、この寒空の中
戦争難民達は、行くところもなく
難民キャンプで、年を越すんだよね…。
科学兵器も使ってるそうだしw
早く、何とかなってほしいものですwww

ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。