--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-06

ピジョン・バレーで、あやうく遭難(泣) 続

おっちゃん、
どうも

ホンマモノの
チョバン(ひつじ飼い)と見えて

でかい犬を
3匹連れて歩いているw

DSC06074.jpg
しかも。
こんな岩の中に

こんなトンネルが~~~~??!!
なんて

絶対、地元民しか
知らんような抜け道を

バリバリ
通りながら

がつがつ岩肌を
上に、上に、と
進んでいくw

これが、また
速い!!!

もう、
なんちゅ~の?!

基本からして
足腰の鍛え方、

違いまんな!!!
って感じでww

DSC06076.jpg
あれ?おっちゃんの
ひつじかな?

なんて
思ったんだけど。

おっちゃん、
全然、気にせずに
上へ。上へ。

ひつじ飼い、もう
息切れる、なんて
レベルじゃなくなってwww

岩から落ちて
死ななかったけどw

ここで窒息して
死ぬかもしれんwwと

マジで
思ったもんなww

この鉄人おやじw
イスタンブール五輪が
実現したら
推薦したいほどだったww

DSC06072.jpg
ほら。
前回載せた、この写真
あるでしょw

このてっぺんまで
ほとんど

ノンストップで
疾走クライミングしやしたwww

いや、マジ、死ぬぞ!!!

DSC06077_20130206084806.jpg
やっとw
やっとwwww

息も絶え絶えに
岩山のてっぺんに到着~www

でも、おっちゃん、今度は
そこから、

にょ~ろにょろ続く
くだり坂を
降りはじめたw

いや、まじでw
こっち、ヒザがくがくw

でもw
ひつじと~ちゃんw

平気な顔して
あとに続くw

う~~~んww
ダテにガイドではないなw

それとも、
財布がかかってるから
必死なのか?!

DSC06078.jpg
そして、ついに、ついに!!
先ほどの渓谷の

裏側、とおぼしき
場所まで

のたれ死にながら たどりついたんっすよ!!
さすが、地元のおっちゃん!!

こんな廻り道が
あったんだ~www

DSC06079.jpg
目的地は近いぞ!
ってんで

トルコ人達
ガンガン、飛ばして
行っちまうしw

ひ~~~www
わしを置いていかないで~www

ひつじと~ちゃん。
振り返りもしね~でやんのww

そんなに財布が大事か!!
ひつじ野郎!!
←大事かも…www

DSC06081.jpg
ほら、あそこだよ。
あんた達が、
降りようとしてた場所。

と。
おっちゃんが指さした場所。

えええ~~~!!!全然、簡単そうじゃ、ないじゃん!!
どう見ても
ビル3階建て分くらい
あるよ?!

ガケの下まで
近寄ってみると

お財布は
なんと

地面まで
転がり落ちていたw

でもでもwww
上着は、上の方で
ひっかかったままだぜよ~~~~~??!!


DSC06082.jpg
ここからが
ひつじと~ちゃんの修羅場www

滑りやすい岩肌に
靴も靴下も
脱ぎ捨てて

せっせと
登り始めたじょ~~~~www

時々、つるっ!と
足を滑らせるwww

おいおい!シャレになってね~って!!マジ、死ぬぞ!!!
写真撮ってる
ひつじ飼いも
ひつじ飼いだがwww

上着のために
命かけてる

ひつじと~ちゃんも
ひつじと~ちゃんでwww

下から、おっちゃん
右に足かけろ!とか

左の出っ張りをつかめ!
とか

厳しくご指導
してくださってるwwwが

もう、笑える通り越して
脱力~~~~~www

DSC06083.jpg
やっとの思いで
ロック・クライミングを
終了してww

ひつじと~ちゃん
一服しながら

下から改めて
ガケを見上げてみるww

「昔はな~。道があって、よかったんだよ。あのガケも。
でも、何年か前に、岩が崩落してね~。
道が、なくなっちゃったんだ」

カッパ地方の
岩達は、みんなモロイので

崩落は、
よくあることなんだよねw

「で、去年な~。イギリスの旅行者が
あんた達みたいに、あそこのてっぺんから
降りようとして、足を滑らせて。
ごろごろ転がりながら、下まで落ちたんだよ。
んで、岩に頭打ったみたいで、
脳内出血で、大学病院で亡くなったんだよ~」

改めて、
ぞぞぞ~~~っwww

上から見降ろするのと
下から見上げるのでは

全然、ガケの高さが
違って見えるのだw

錯覚、というのは
恐ろしいwww

DSC06063.jpg
この辺が、実は
ピジョン・バレーのハイライト。

ギョレメ方面から
入る遊歩道は

ここまでで
標識が終わってる。

観光客に対する意識、って~のが
実は、地方自治体によって

結構な
温度差があってww

ギョレメ市側からの
遊歩道は

道もばっちり
標識もばっちり

観光客に
いたれり、つくせり
なのに対して

ウチヒサール市側の
渓谷は

標識なし
道の整備なし

歩くなら
自己責任で

勝手にやってくれ、
的におっぽりっぱなしwww

DSC06085.jpg
ともあれw
ここからは、平坦な道のりなのでw

おっちゃんにお礼と
50リラを渡して

ものの10分で
ギョレメに着いたのでありやした~w

ひ~~~www
こんな疲れる散歩は、初めてじゃwww

DSC06086.jpg
全然関係ないけど
ギョレメ側の歩道沿いにあった

超イケテル看板!
「猛犬注意!立ち入り禁止!」と

書いてあるんだけどw
この絵、うますぎて

全然猛犬に見えないのは
ひつじ飼いだけか?!

DSC06088.jpg
ギョレメから
ひつじと~ちゃんの

友達の車に
乗せてもらって

うちの車を停めておいた
ウチヒサールの
ピジョン・バレーの

ビューポイントまで
戻ってくると

いっぱい、いっぱい
鳩さんが

飛び回って
おりやしたw

旅行者の皆さん!!!ウチヒサールの、
ピジョン・バレー・ビューポイントから、
渓谷に入っても、ギョレメには出られませんよ~!!!
途中の道が崩落してますので、絶対にガケから先には、行かないように!!!


どうしても
ピジョン・バレーを

ウチヒサールから、
ギョレメに抜けたい人は

ウチヒサール市内から
渓谷に入る裏道が
あるそうなので

現地に詳しい人に
必ず聞くこと!!!

カッパドキアって
開発が進んでて

どこも安全みたいだけどw
まだまだ、
危険な場所が

いっぱいあるんだな~wwって
身を持って知りやしたw
とほほww

これにて
ピジョンバレー遭難記、完!!!

DSC06087.jpg
帰り道
遠くに見えた、エルジアス山~♪
2人とも、生きててよかった~www




本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おお~

なるほど、崖ですね~。
知らないということは恐ろしいことですね。
スケールのデカイ景色の中で同じような岩肌を見ていると高低感覚も狂うのですね。
怖いわ~。

でも土地勘のない私には写真を見てもどこがどこなのか…。
もしできたら、
*降りようとしていた所、
*財布が落ちてた所、
*上着が引っかかっていた所
の3ヶ所に矢印でもつけていただけたら「こりゃムリだったね、むぼうだわ」としっかり理解できて嬉しいです~。

ちょっとしたお散歩がとんでもなく過酷な訓練になってしまったのですね~。
一気に足腰が鍛えられそうです。
無事に帰宅されて本当に良かったです。

あ、あと、猛犬注意の看板の絵、私にはドラゴンに見えますwwww (翼を書き足したい~)

超怖い!

あぶないよ~!!!危機一髪じゃないですか!本物の羊飼いのおじさんが通りかからなかったらと思うと。。。。v-12
やっぱり自然の中は危険と隣りあわせなのね。。。無事のご帰還ようございました~。
しかし、あの看板、私、猫かと思いました。笑う~、猛犬とは思えませんね!

なにはともあれ、よかった!よかった!

「羊飼いのおじさん」
それぞ、「救世主」だったのですよ、きっと。

それにしても、なんだかんだ言いながらしっかり写真撮ってるチョバンさんの「記者魂」に乾杯!!

エルジアス山の遠景。
いつ見ても神々しい。
まるで、日本人が「富士山」を見るときのような気がします。

マナティ~さん。

図解、のせましたよ~♪
改めて見ても、我ながら、無謀だったな~wと
つくづくww
錯覚は、怖いですねw

saoさん。

ちょっとした、思い違いが
とんでもない結果をもたらすかもしれない、って
改めて理解しましたね~w
知ってるつもりでも、
気をつけなきゃいけないこと、いっぱいあるんですよねw
ところで、ワタシはあの看板…www
いや、究極の下手ウマだよね~!

ばくさん。

いや~wそれどころでは、ない!!と
心は思いつつも、手が勝手に
写真を撮ってましたwなはw
薄情者ですね~www
エルジアスも雪があると、貫禄が違います!

ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。