--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-18

雪解け、なるか。

今年の3月21日の
ディヤルバクルで行われる

ネブルズ祭り(春節祭)では
何か、一悶着、
起こりそうな予感ww

ネブルズとは、
古くは、トルコ民族が

中央アジア方面に居た頃に
お祝いされいていた、お祭りだそうで。

春の訪れを祝って
民俗舞踊を踊ったり

nevruz(11).jpg
焚き火の上を
ぴょん!と跳ね飛んだりする
お祭りでござんす。

Nevruz.jpg

2月の下旬。
BDPという、クルド人の政党の
メンバーが

イムラル島、という
離れ小島の刑務所に
収容されている

アプドゥッラ・オジャラン
という

もと、クルド人ゲリラの
リーダーの元を訪れて  

3通の手紙を
託された、そうで。

1通は、BDP党あて。
1通は、イラクとトルコの国境沿いにいる
クルド人ゲリラ宛て。
1通は、ヨーロッパに展開している、
クルド人ゲリラ宛。

これ。
只今、現政府が

絶賛協力中で
進めている

クルド人ゲリラとの
和解のための

プランの第一歩、
だったんす。

で。
調子にのった
BDP議員達が

黒海沿いの町を
訪問して

袋叩きにあった、
っちゅ~のは

どっかで記事にした、と
思うのですが(笑)

ま。
この手紙。

それぞれの、あて先に
届きまして。

3月13日に
クルド人ゲリラに、
誘拐されて

人質として
監禁されていた
8人のトルコ人が

解放される、という
成果を生みました。

兵士が6人
警察官1人
アンカラ方面の、どっかの市長候補者の、お兄さん1人

の、8人。
数ヶ月だった人もいるし、
2年近くだった人もいるそう。

8人は、国境に近い
イラク側のどこかの山の中の

地下、約100メートルに
掘られた洞窟の中で

監禁されていた、
そうっすw

2年…
地下100メートルの
穴の中…

なんちゅ~か。
頭いかれても、全然おかしくない

厳しい条件が
揃ってるんですが。

でも、この8人。
耐えました。
で、生還しました。

本当に、トルコ中の人が
喜んだ事件でした。

もちろん、そのアトに
クルド人ゲリラ側は

「次は、トルコ政府が
良心を見せる番だ」と言って
待っているんすけど。

内閣総理大臣の
エルドアン氏は

この交渉を成功させるためには
毒をも飲む覚悟だ、と
おっしゃっとりますが。

次の展開は
どうなるのか。

現在
トルコ中が

カタズを飲んで
見守っておりやす。

そんな中。
この手紙の返事が

BDP党本部に
送られてきた、という
ニュースがありましてw

それを、BDP議員が
再び、オジャランさんのところへ
運んで行くらしい。

で。
その結果、ど~すんのよ、ってのを

3月21日に
ディヤルバクルで
開催される

ネブルズ祭り(春節祭)で
公表する段取りだ、そうで。

ね~。
ただでは、済まない雰囲気でしょ~?

どちらにしても
トルコ中に住んでる
人達のために

プラスな結果が
出て欲しいものですが…。

19539247.jpg
これは、人質が
解放される時に、撮影されたヒトコマ。

テロリストの
リーダー格のおっさんが

人質の一人に
「おめでとう」と

握手の手を
差し伸べたんっすが。

人質のおじさんは
「皆で、相談して決めた事なんで、握手はしません」と

おもむろに
拒否したそう、で。

この表情の厳しさが
この交渉の厳しさを

そのまま
物語っているような

そんな写真で。
とても印象に残りやしたw

そろそろ
春がやってきて

そこら辺中
花が咲き始めやした。

ぜひ。
トルコの国も

雪解けを
みせてほしいものですが…。







本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

やった~!

オジャラン氏との協議、うまく行ってるようじゃないですか!
今朝の朝日新聞によると「クルド人武装組織、トルコに停戦提案」となってますよ。
このブログでも随分悲惨な事件が伝えられたと記憶してますが、本当の和解に進んでほしいですね。それがまた、トルコがこれから国際社会で注目されリーダーシップを発揮できる為の条件でもありますからね。
それに、2020年のオリンピック開催の為にも大切な条件でしょうからね。
アララト山に自由に登れるといいなぁ。

ばくさん。

とりあえず、クルド人からの、提案はなされた、という
感じでしょうか。これ、まだ、こっちの国の中でも
いろいろ、専門家がモメテテ、どういう結果につながっていくのか
かなり不明瞭なんで、もうちょっと、はっきりしたら、記事にしよう、と
思っているんですが。
今のところ、一番大きく取り沙汰されているのは、このクルド人の集会で、
一枚も、トルコ国旗が掲揚されていなかった、ということ。
これは、暗に、クルド人国家の設立、もしくは自治区を、要求してるんじゃないか、
というのと、刑務所の元指導者は、指示を出したけれども、
実際にゲリラは撤退するのか、っていうのが、論争の焦点になっているようです。
結局、この30年近い闘争は、トルコ国家を分割しないために、始まったもの
ですから、平和交渉は結構だけど、それでクルド人国家の建設みたいな事になって
しまっては、今までやってた事は、なんだったの、って事になっちまうわけでして。
まあ、成り行きを見守っている、というのが、現在の状況ですが。
真の平和への道のりは、そんなに平坦じゃあ、ないみたいですよ。




ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。