--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-27

どっちに転がるか…。

ブログに書こうか
書くまいか

成り行きを
もうちょっと見ようか、

考えてたんですが。
ゲリラとの停戦の話題。

約1週間前に
ディヤルバクルで
公開された

クルド人ゲリラグループ
「PKK」の

元指導者
アブドッラ・オジャランの
手紙。

そこには
PKKは、戦闘を中止する。

ゲリラ勢力は
トルコ内から

引き上げることが
提案してありやした。

そこまでは、よかった。
素晴らしい提案だった。
んだけど。

発表されたお祭り会場は
1枚のトルコ国旗もなく

すべて、
クルド人の旗ばっかり。

PKKの戦闘員達(多分)が
肩車をされて
歓声を上げ

民衆は、オジャラン万歳!と
叫ぶ。

トルコ国民にとっては
トルコの領土を分割して

クルド人国家を
作る、第一歩ではないか、

という
疑いのココロが
生まれたようでして。

これが
かなりの数の

国民の反発を
買いまして。

トルコ国内
真っ二つに分かれました。

世論調査によれば
強硬に

こういう方向での
交渉に反対する国民が
約55パーセント。

それでも、何でも
交渉をすすめていこう、

という国民は
約45パーセント。

交渉賛成派は
もちろん

現政権党・AKP派が
中心。

対して
反対派の中心は

MHP党。
まあ、愛国党…というか

少し、
右傾向の党。

現在、この2党の党首が
激しい舌戦を

繰り広げている
わけですが…。

肝心の
ゲリラは、ホンマに
撤退するんかい、
という

問題では。
一応、現在

PKKの戦闘員長?が
「停戦」を公式に
発表しやして。

撤退に関しては
時期をみて、条件が揃ったら

という感じで
様子見。

どっちに転がるか
まったく

予断を許さないような
緊張絶好調的、雰囲気が
ござんす。

だから、それで?
や。

それで、
まだ事態は進行中なんで

結論が書けない。
どっちに転がるか

誰にも
わからない。

皆、平和が来るのを
願っているけれど。

国土を分断するような
条件は、受け入れられない。

大体、それが
クルド人ゲリラの

最初からの目標
だったワケだから。

そうなったら
この30年

我々は、何のために
戦ったのか、

ってなわけで。
もうもう
大混乱中。

途中経過中なんで
ブログとして
まとめられないから

書こうか、
書くまいか

考えてた、
ってわけで。

でも。
まだまだ
なが~~~く、かかりそうだしw

最後まで待ってから
記事を書くには

あまりにも
重たい内容だし、ってんで。

途中経過を
書いてみた次第。

まとまり
全然ない、内容でスンマセン。

ひつじ飼いも
トルコに

真の平和が来るのを
願ってます~。

手前勝手で
申し訳ないが。

うちの長男も
5年後には

兵隊行く年に
なるんで(爆)

関心もりもりで
見守ってますぜ。
この話題…。








本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

とても気になっていた内容です。
日本で読む記事とトルコ本土の現実は違いますね。

良い方向へ向かう事を願うばかりです。。

ネットニュースで知って、オリンピック招致委員会がイスタンブール入りしてる時期ですから、
『もしかして、ちょっと狙ったのか?』と思ってしまいました。

隣国シリアも悲劇の終焉が見えない。。。
心から、悲劇が繰り返されないことを願ってます。

日本でも続報はないようですが・・・・

もっとも30年にもわたって憎しみあってきた間で、「じゃ、握手しましょう」と言ったって、直ぐにそうなるわけにはいかんでしょうが、かといって今の状態を解決せねば「トルコ国家・国民」にとっても大きな負担なのですから、可能性のある限り「交渉」には入ってほしいですね。交渉内容が容認できなければそのときに考えればいいじゃないでしょうか?
これは、日本国内のTPP交渉についても言えることなんですが、交渉自体を拒否するんじゃ進展はありませんからねぇ・・・・・・
とにかく、国内で殺し合いが続いているようじゃトルコの対外的イメージにもかかわるでしょう。
イスタンプールのオリンピック招致にも影響するでしょうしね。

シンアイさん。

AKP党は、大きな賭けにでた、感じですね。
日本で報道されてるように
全員が、モロテをあげて、喜んでるわけではない、
というのが、現在の状況です。
失敗しない事を、願うばかりですが…。

のこさん。

オリンピックとかもある、と思いますが、
来年、トルコでまた、選挙あるので、
その前に結果を出したいのでは、という感じの方が
強いかな~と。
本当に、エルドアン首相が言っている事が
100パーセント実現すれば、万々歳なのですが
いかんせん、不透明な部分が多いのが、国民の不安を煽っているようです。

ばくさん。

やっぱり、そこが人間、なわけで
交渉に入った方が良い、という人もいれば、
テロリストを交渉の対象にするのが、そもそも、間違っている、という
人もいるし、かなり、国民側の感情も、複雑ですね。
最新の世論調査では、58パーセントが、この交渉と、今後の展開を
支持する、という結果が出たらしいですが…。
この問題を解決すれば、トルコが飛躍的に伸びる、というのは
皆の一致した、意見らしいですけど。
ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。