--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-12

クルバン・バイラムでした

そもそも。
クルバン・バイラムって
何かっつ~と。

聖書の中に出てくる
有名な、イブラーヒム父ちゃんと
イスマイル息子の故事で。

神様は
イブラーヒム父ちゃんの

神に対する
信仰心を試すために

息子のイスマイルを殺して
神様にイケニエとして
捧げろ!と
おっしゃるのだ。

イブラヒム父ちゃんは
神様がそうおっしゃるなら
仕方がない、と心を決め

イスマイル息子も
神様がそうおっしゃるなら
仕方がない、と両手を縛られる

今、まさに
父ちゃんが息子の
喉を掻き切ろう…!!って時に

天使が親子を
止めに入り

息子の代わりに
この雄羊を屠りなさい、と
父ちゃんに渡す。

かくして。
親子は仲良く、ひつじをサバイテ
神様に捧げた、という。

これが、
クルバン・バイラムの始まり
だそうである。

だから。
動物は絶対

喉を掻き切って
殺さなければならずww

でっけ~牛とかになると
もう、

家族総出の大仕事に
なるのである。

006.jpg
牛さんが
到着する前に

庭には、血を溜めるための
穴が掘られた。

007.jpg
そして、牛さん
トラックで到着。

おっと、失礼。
お尻向いてますな。

012_20111112185345.jpg
牛さんは
暴れないように
目隠しをして、運ばれてきました。

宗教行事、とはいえ
日本人としては

いつも、カワイソウだな~…と
思ってしまうww

ドナドナ~でしょ~。
どうしても

食肉の塊には
見えないよww

013_20111112185713.jpg
首の紐を引っ張りつつ
足にも紐を巻いて

やっとこさっとこ
トラックから
降ろし。

014_20111112190220.jpg
皆で紐を
引っ張りながら

所定の位置に
寝転がすわけww

牛だって
黙ってはいないっすよ。

身の危険?を感じ
渾身の力で

人間を振り払おうと
抵抗するのだ。

016.jpg
しかし
あえなく、転ばされ。

足もがっちり
縛られちゃいましたw

ど~でもいいけど。
牛屋のお兄ちゃん。

牛のハナの穴に
がっちり指、
つっこんでるけどww

ハニャミズ、
ビロ~ン…とか
ならなかったのかにゃ?!

017.jpg
切る体制が
整ったところで

牛を捧げるリストの人が
皆で、牛の上に手を置いて

神様にお祈りを捧げてから
ぶっす~!!と

牛さんの喉を
包丁で、かき切って
しめるわけどす。

019.jpg
こうして
めでたく?牛さんは

皮をそがれてww
見ちゃいや~ん、てな状態に
なっちまいました。

024.jpg
あとは、どんどん
肉の塊が

家の中に
運ばれてきやした。

全部で何キロくらい
あるんだろう???

牛が200キロくらい、って
言ってたから。

内臓を取ったあとでも
…100キロ以上は
ありそうな感じ(爆)
 
今度は、これを
延々と、細かく切り分けて 
いくわけどす。
 
嫁連合5人で。
夕方6時くらいまで
かかって

やっと仕事を
終えましたぜww

しかも。
今回、ひつじ飼い。

両手あわせて
7箇所も指切っちまいましてww

危うく、牛さんと一緒に
マイフィンガーまで
クルバンになるとこでしたww

こうして。
ひつじ飼いファミリーの
クルバンバイラムは

今年も無事に
終了したのだす。

いつも、いつも、いつも
クルバン・バイラムで
思うことは

何で、神様は
首をかき切って殺す、なんて

残酷な命令を
くだしたんでしょうな…。

いくら必死の覚悟を
試すため、とはいえww

何か、もっと他に
マイルドな選択肢は
なかったのかな~って…

こんな事考えるのは
不心得モノなんだろうけどww

どうしても
毎年、考えずには
いられませんだすw



本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!
左の「トルコ情報」クリック!で
応援よろしくお願いしまっす♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

羊飼いさんはじめまして♪

ちょっと前から拝見させていただいています。

今回の記事は途中から覚悟して見たんですが、なかなかハードな画像でしたね><

命をいただき生きる。
生物の真理ですが、やっぱり日本人にはハードですねw

ところでこの前の地震でNPO法人で支援に行かれてた日本人の男性が亡くなられてしまいましたが、そちらでは何か報道されてるんですか?

親日国なので何かしらされてるのかなぁと少し思いました。

ではでは、これからもブログ楽しみに見させていただきますね♪

akiさん。

こんにちわ!
コメント、ありがとうございます♪
そうですね~。
やっぱり、ハードな画像になってしまいましたww
それでも、モロに〆るとこ、とかは
とばしたんですが、やっぱり、ハードでしたwwすんません(汗)

NPOの宮崎さん、のことは
「帰還しました!」のブログで
ちらり、と触れたのですが、
ほぼ毎日、新聞に何か書かれていますね~。
関心の高さが伺えるかな~って、思ってます。
それでは、拙いブログですが
これからも、どうぞよろしくお願いしまっす♪

ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。