--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-03

ついに…飛んだ!!

いやw
ひつじ飼いの

頭のネジじゃあ
なくてw

子ひつじ1号!
カシュで

ついに
飛びました~!!!

DSC04871.jpg
オリュデニズで
強風のため
飛べなくて

失意のどん底に
叩き落された、彼w

失望の暗闇の中を
必死にはいまわりつつも

希望を失わず
それでも俺は

飛びたいんだ~~~~!!!!


あらん限りの力を
振り絞り

叫び続けた
彼。←実際、かなりヤカマシかったw

カシュに着くなり
イスマイルさんに

カシュでと飛べますか!?と
詰め寄った(笑)

イスマイルさんが
電話で

問い合わせて
くれたところによると

明日、あさっては
低気圧の影響で

風が強くて
フライトは不可だけど

カシュを離れる
最終日の朝は

ピーカンの
フライト日和に

なるであろう、って
お天気予報だったw

ここで飛べなきゃ
もう、アトはないw

長男は
試練に耐えた←なんの?

そして、めでたく!!
カシュを離れる最終日

どこまでも
澄み渡る大空へと
飛び立ったのである~~~~!!!!

…ああ、疲れるw
この口調、やめようw

DSC04764_20121003080120.jpg
あとで飛ぶところの
ビデオを買うから♪

格好良く
写らなくちゃ!


言った長男は

こんな格好をして
迎えの車に乗って行ったw

彼のカッコいいって
一体…wwww

DSC04873.jpg
フライトのあとは
ここの駐車場に
降りてくるそうで。

ひつじ飼い達は
ここで、待機w

山の上まで
登るだけでも

車で20分くらい
かかるらしいからw

それから用意して
順番待って…。

小1時間近くも
過ぎただろうか。

山の上に
ゴマみたいに

点々と飛ぶ
パラシュート達が
見え始めた。

ひつじと~ちゃん
早速

長男に電話を
かける。

「お前のパラシュート
何色なんだ?」

…www
…お…おいw

電話なんか
取らせて
大丈夫なんすか?!

DSC04878.jpg
とりあえず
長男のパラシュートは

一つ離れた
青と白のやつ、って事が判明。

20分も経つと
他のパラシュートは

順番に降下を
始めたが

なぜか、長男の
パラシュートは

らせんにぐるぐる
回ったりして

ちっとも
降りて来る
気配がないw

こいつ…
パイロットのお兄ちゃんに

無理難題を吹っかけてるに
決まってるよ…w

いつまでも
降りてこない

子ひつじ1号に
シビレをきらして

ひつじと~ちゃんは
バザールに

やぎチーズを買いに
行ってしまったw

やぎチーズは
ここらの名産品なのよw

DSC04880.jpg
しかしこの駐車場は
日陰も何もなくて
エライ暑いw

じりじりうだりながら
ひつじ飼いが
待っているとw

パラシュートが
やっと

少しづつ
降下し始めた。

降下し始めた、と
思ったのも束の間。

すぐにパラシュートは
降下体制に入って

あっ!!と言う間に
目の前に着陸~!

ぐでぐでしてた
ひつじ飼いは

ふいをつかれて
あたふたと写真を
撮ったものの

いくらか
シャッターチャンスを
逃した模様www

DSC04882.jpg
あっ!
この赤いシャツのお兄ちゃんが

子ひつじの
パイロットしてくれたんだ。

「すいません~w
無理ばっか言ったみたいでwww」

「すごかったよ!お母さん!
アクロバット飛行、とかしてくれて
ぐるぐる、回っちゃった~!!」

興奮冷めやらぬ雰囲気で
早口に報告する長男。

「気に入ったかい~?
よかったな~!」


パイロットのお兄さん。

DSC04883.jpg
「エスキシェヒール(町の名前)で
パイロットの養成コースがあるんだって!
俺、絶対そこに行くよ!」

…こりゃあかなり
はまったなwww

ところが。
係りのお兄さん達が

パラシュートを全部たたんで
いなくなると

ナンか、急に
長男が静かになったw

DSC04884.jpg
どうしたの?
さあ、行こう!と

ひつじ飼いが
うながすと

青い顔をした
長男。

急にひつじ飼いを
振り切って
走り出した!!!

…と思ったら…www

実は、うちの子
2人とも

乗り物酔いする
体質なんだよね~www

興奮が冷めて
我に返った途端に

抑えていたモノが
こみ上げてきたらしくwwww

あ~あ…www
朝食べたモノも
何も

ぜ~んぶすっきり
からっぽに…www

そんなんじゃ
パイロット
なれないじゃん~ww


背中をさすってやるが
長男は無言w

とりあえず
歩いて

イスマイルさんの
レストランまで帰ってくると
…ぽつりw

「戻した事、誰にも言わないでね~…」
ってw

母ちゃん、ブログで
ばらしちまったしww
ほほww

まあ、
まわりの知り合いには

誰もばらしてないので
良し、としよ!

こうして。
長男のパラグライディングも
無事にこなし

ひつじ飼い一家は
最終目的地、アンタルヤへ♪

旅も残り少なく
なってきました~w←まだ続くの~?とか言われてる?

DSC04890.jpg
さすがに
疲れがたまってきて

移動中の
車の中では、ぐっすりww

DSC04891.jpg
通りがかりに撮った
どこかの岩場?

しかし
海はどこまでも
キレイでしw





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪




2012-10-02

ギリシャ領・メイス島 4

1332001992_92092139b8.jpg
青の洞窟。

外からの光が
反射して

洞窟の中じゅう
真っ青に見えるので

この名前が
ついたそうでw

今回の
メイス島観光の
目的は

この洞窟見学!
ついでに、時々

アシカ?アザラシ?
かなんかも
いるそうで。

ぜひ、ぜひ
見に行きたい!!

だが、し~か~し~www
博物館から
せっせと降りてきて

再度聞きにいった
チケット売りの

お姉ちゃんの返事は
無情だったwww

「やっぱり、だめね。
水位がさがらないんだって」

…………www
わあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっん!!!

どうしても、
どうしてもダメなの~?

洞窟の前までは
行けるのよ。

でも、中に
入れないの。

あたしも
チケット売りたいんだけどね~。

キャプテンが、
ノーって、言ってるのよ。

…………ww
…とぼとぼw…

前まででも
行こうかと思ったけど

中に入れないんじゃ
青の洞窟だか
白だか黒だか緑だか

わかんにゃ~もんな~w
意味ね~よwww

で。今回は無念にもキャンセルw
ららら…来年こそは、リベンジを…
とココロに決めて

しょうがなので
気を取り直して
お昼ご飯にする~w

DSC04855.jpg
島のレストランは
大体どこも

こんなショーケースが
飾ってあって

ここから選んで
すぐに料理してくれる、らしい。

エビなんか
まだモソモソ動いてて

覗き込んだ
次男が

びっくりして
アトズサリしたら

つるり、とすべって
ドスン、とシリモチ(笑)

どうも
悔しかったとみえてw

「このエビ、まだもそもそ動いてるよ~!!!
おえっ~!!!気持ち悪りい~~!!!
こんな、虫みたいの、食べるのかよ~!!!」

と。
もちろん、トルコ語で
叫んだw

おおおw
日本人とは

かけ離れた
この発言wさすが、内陸トルコ育ちw

ノービザキャンペーンで
割と、トルコ人の

家族連れも多い
と見えて

何組かが
くるり、とこちらを振り向くw

慌てて次男の
口をふさいで

ずるずる、と
引きずりつつ
違うレストランへwww

そういう事、言うときは
日本語にしなさいっ!!って
言ってるでしょ!!←それも違う?

DSC04835.jpg
だいぶ離れた
レストランに落ち着くと

DSC04836.jpg
こんなサカナが
運ばれてきた。

と言うのはw
注文を取るお姉ちゃんが

なんか、
怪しい英語で

イマイチ、意思疎通が
できないww

当然、ギリシャ語は
わからないしw

フィッシュ、フィッシュ、と
言ってるので

まあ、サカナなら
大抵、何でも食べられるだろ、と

イエス、と返事を
したところ

こいつが
ご登場した、ってわけw

ザカーリ?とか
なんとか、って言ってた。

フレッシュ、と言ってたので
まあ、良しとしようかw

DSC04834.jpg
足元の海は
こんなに澄んでてキレイ♪

子供達が
せっせとパンくずを
投げたので

つかみ取りができるかも!
っちゅ~ほど
サカナがよってきた。

「お母さんの食べるパンが
なくなるから
かえしなさ~い!!!」


もめてるトコロへ
なみこさん、登場♪

彼女は、ここから
ロードス島へと
移るそうだ。

「これ~…ちょっとなんですけど
どうぞ!」と

大きな
バックパックから

ごそごそと
缶詰やら、即席ご飯やら登場!!

恥ずかしい~wとは
思ったがw

ノー!といえない
食欲魔人・ひつじ飼い。

「いいい…いいんですかあ~?」
声が、なんか
うわずってるってw

「どうぞ~。ギリシャの友人に
持ってきたんですけど
おすそ分けです~!」

ありがとうございます~♪
ありがとうございます~!

わし、もう
メイスでな~んも

おみやげなんか
買わなくてもよくなっちゃった♪

気をつけて行ってね~!
さよなら~!!


なみこさんを
お見送りしたあとは

待ちに待った
お子さん達の
おみやげタイムw

ユーロは高いんだからね~!
いっぱい買わないよ~!!

と叫ぶ母ちゃんなんかに
見向きもせずに

おみやげ屋さんに
ダッシュ!!!

DSC04856.jpg
家がどこも
カラフルだから

なんか通りの写真を
いっぱい、撮りたくなっちゃう。

DSC04858.jpg
カシュのイスマイルさんから
頼まれていた
洋酒を買いに

dutyfreeにも
行ってみた。

パスポート、
船に預けてあるので

手元にないんですけど。
買い物できますか~?

と聞いてみると。
出発時間の
1時間前から

乗客リストを
チェックするから

買い物できますよ~!
という事で

洋酒2本と
タバコ2箱もゲットw

お子様達もそれぞれ
カップだとか
キーホルダーだとか

母ちゃんと
「これくらいなら、いいでしょ~!」と

値段交渉しながら
無事、ゲット。

帰りの船に
乗り込んで

カシュに戻ってきたのでした~。
お疲れ様でした~!

DSC04860.jpg
長男とお友達になってくれた
のりさん♪

長男がいろいろ
ご迷惑おかけしましたw
ありがとうございました♪

と。
ここで思い出した。

ひつじと~ちゃん
どうしたかな~?←薄情モノw

カシュに帰ってから
パスポート
返してもらって

早く行こう!と
思ったら

返却まで
30分くらい、待っててね~w
と言われるw

よく旅行者の中に
メイスから戻って

すぐ、長距離バスに
飛び乗って

次の町へと
移動するプランを

たてる人が
いるらしいけど

この30分の
待ち時間は、くせものでっせ!

現にのりさんの
お友達君も

あやうく、バスに
乗り損ないそうに
なったしw

夜。
イスマイルさんの
レストランで
食事をしていたら

へとへとになった
ひつじと~ちゃん、帰還。

買ったばっかりの
アディダスの
Tシャツとかも

なんか
黒いオイル?がついて
どろどろw

「部品を交換するために
エンジン全部、
外に出したりして

オオゴトだったけどw
無事に終わったよ~。」

お疲れ様どした。
ありがとさんどすw

すんませんw
1日、遊び呆けてましてw

とにかく。
旅行続行するぞ~!





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

2012-10-01

ギリシャ領・メイス島 3

モスクを出た。
まだまだ
12時…www

地図をまぜ返して
今度は

丘の上にある
小さな考古学博物館に
行く事にしたw

しかしww
道が悪い~www

しかもw
小島だから

少し移動するためにも
すぐ

背後の丘を
登らねばならんww

カカトのある
サンダルじゃなくて

スニーカーにすりゃあ
よかったwwwwぐうw

激しく後悔したものの
裸足で歩きまわるわけにも
いかずw

しぶしぶ
しぶしぶ

てくてく
てくてく…www

モスクの背後の丘を
ぐるり、と
遠回りして登り

博物館に
つきやしたw

DSC04830.jpg

博物館の入り口。
何だか

城砦の跡?みたい?とか
思ったら

オスマントルコ時代に
軍の兵舎として

使われてた
建物なんだそうだ。

なるほど。
トリデだよ。

DSC04828.jpg
中庭を囲むように
ぐるり、と

建物が
建っている。

展示物は
メイス島の歴史に
関係するもの、とか

大昔の壷のカケラ、とか
昔の住人の衣装とか

生活様式とか
小さい割には

わりと頑張って
いろいろ展示してあるw

写真を撮り忘れたのだが
昔は

海に入って
貝?を取る

海女みたいな
仕事をする人がいたそうで

海の中で
長時間仕事ができるように

潜水服、を
着たんだそうだがw

この飾ってある
潜水服。

今の
宇宙飛行士と

大差ないぜ、っちゅ~
オオゴト仕様で(笑)

ま。
昔の人が

海の中に入って
仕事しよう、てんだから

当然、と言えば
当然か。

DSC04827.jpg
2階の廊下部分?
のような場所から

見える海は
まさに、絶景♪

DSC04829.jpg

ギリシャ国旗ってさ。
青と白じゃん。

だから、わざと
あっちもこっちも

海の青と
コントラストを
とるために

白に
塗りたくってあるんだな。
きっと。

って。
紺碧の海を眺めながら

初めて気が付いたw
にぶっ!!!

くるり、と
内部を一周してから

再び
地図を見る。

メイス島の
見ドコロ、と教わった

リキア式墳墓とか
聖ジョーンズの「騎士の城」址とか

聖コンスタンチノとヘレンの教会
とか
(ここには、トルコのパタラ遺跡から、移築された
石柱とか、あるらしい)

どこどこ?と
探してみるw

が!!!

ナント!
博物館の裏手から

まだまだ続く
ケモノ道のような場所を通って

丘のてっぺんまで
行かにゃあ、
ならんではないか!!

子供達はw
すでに湯だって

頭から湯気をだして
へばっているw

ひつじ飼いのサンダルは
ヒールで歩きにくいwww

……wwwwww

時計を見ると1時。
約束の2時も
迫ってきたwww

っちゅ~わけでw
ひつじ飼い親子

来た道を引き返して
港へリターンw

あ~あ~w
残念だな~www

丘のてっぺんからの
見晴らしは

さぞかし
素敵だっただろうにwww

DSC04831.jpg
帰り道の
下り坂からは

港全体が
見渡せた♪

さあ。
丘を降りて

青の洞窟を
聞きにいくぞ~♪



くどいけどw
まだまだ、つづくww



本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!


左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

2012-09-30

ギリシャ領・メイス島 2

どっこ行こうかな~と
ガイドをめくってると

なんと!
ひつじと~ちゃんから
電話が!

さすが、TURKCELL。
チェキム・グジュは
抜群だわ~w

30分くらいの
国境なら(笑)

ぜ~んぜん平気で
乗り越えちゃうぞ~♪

でも。
内容はいけてなかったw

「すっげ~車の調子が悪いw
今から、フェティエまで
とって返して、修理工場まで
行って来なきゃw」

「え~~~!!フェティエって、あんた
片道4時間くらい、かかるんじゃないの?」

「カシュの工場では、
手に負えないっていってるんだよw
お陰でハマムも、行けなくなっちゃったw
メイスから帰ってきたら、ホテルに戻ってて」

エンジンの回転数が
やたらにあがる、と

文句を言ってた
ひつじと~ちゃんw

詳しい事はわからないけど
旅が中断するような事に
ならなきゃいいけど…www

青の洞窟には
行けんしw

車は
壊れるしw

な~~~~んかw
テンション、メチャクチャ

低空飛行に
なったw

でも
こんなところで

ぐでぐでしてても
しょうがないw

とりあえず
観光しよう~wと

まず、向かったのが
島のはじ~~~~っこの
方にある

オスマントルコ時代から残る
モスク。

DSC04825.jpg
外観はモスクだけど
中身は当然

改装されて
ミュージアムになってる。

が。
しかし。

どうよ。
この、モスクの外観w

いかにも
面倒くさいから

適当に色
塗っときました、みたいなw

モスク、といえば
美しいタイルで
飾られてるもんじゃね~?

ギリシャ領になってから
かなり長い間
放置されていて

そのあと、
復元されたそうだからw

もう
そんな跡形なんか

残ってなかったんだなw
きっとw

うちの田舎の
村のモスクの方が

よっぽと
見栄えがする、ってもんだw

DSC04822.jpg
それでも一応
入場料2ユーロを払って
中へ。

このお祈りする方向を示す
場所以外は

モスクらしいところは
ぜ~んぜん、ない。

DSC04823.jpg

当時の木製のドアとか
民族衣装なんかと
一緒に

ギリシャ側から見た
メイス島奪還の歴史、
みたいなものが

つらつらと
書かれている。

オスマン帝国が
衰退を始めた辺りから

「さあ、今こそが
先祖からの土地を、
侵略者から、奪還する時だ!」

と書いてあったのが
妙に印象に残った。

そうねえ~。
トルコ人が

まだ、中央アジアを
ウロチョロしてる
頃には

この辺では
ギリシア文明が
栄えてたわけだからね~。

2000年くらい
遡れば

確かに
侵略者は
トルコ人になるw

こっちの歴史観って
すっご~~~~い
スタンスが長いっしょw

紀元前の事なんかでも
昨日の事みたいに
話たりとかさw

この辺の感覚って
やっぱ、

日本人としては
ついていけんww

他国に侵略された事のない
民族には

2000年の恨み、ってのは
到底理解できないものが
あるのかもwww

DSC04824.jpg
お子様達は
そんな事は

ぜ~~~~んぜん
関係なく

上に登ったり
下に行ったりの
大騒ぎで

監視員のおっちゃんを
はらはらさせておりましたw

DSC04826.jpg
モスクの横は
すぐに

見晴らしの良い
高台になってて

ここには
カステロリゾ島(メイス島)の
シンボルマーク

ハートと組み合わせた
十字架、の

でっかいモニュメントが
置いてありやすw

写真の階段を
降りていくと

お洒落な
レストラン・バーが
営業中。

店先には
ビーチベットが

いっぱい並べて
あって

お客さんは
もうそっから

すぐ海に入って
泳いでんのw

港でそのまま
泳いでる、っての
初めて見たっす。

DSC04821.jpg

通りには
多分

改装予定なんであろう
古い建物も
残ってたりしてw

DSC04833.jpg

こ~んなカワイイ
モニュメントも
建ってます~♪




まだまだ続く!





本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

2012-09-29

ギリシャ領・メイス島

実は。
去年、カシュに来た時から

来年
来れたら

絶対行こう!って
狙ってたのだ。

ギリシャ領メイス島
1日観光。

カシュから船に乗り
朝10時に行って

夕方4時に
帰ってくる。

ぽつり、ぽつり、と
噂に聞く

あの「青の洞窟」
とやらを

どうしても
この目で見たいのだああ~~~!!!

てなわけで。
今年は、
メイス島観光、決行!!

実は、今年は。
7月~9月だったかな?

経済難にあえぐギリシャが
少しでも足しになれば、と

ビザ不要・サマーキャンペーンを
はってたのでw

ひつじと~ちゃんも
行けるハズだったのだがw

パスポートの更新
面倒くさいw
高いw

とか、なんとか
ぶつぶつ言って

イスマイルさんと
ハマム垢すりコースを
選んだw

DSC04861.jpg
カシュの町の中にある
「Meis Ferry Lines」の
オフィス。

メイス島まで往復
お一人様50リラなり。

9時45分くらいに
オフィスの前で集合して

お客さん、皆で
ぞろぞろ、出発場所まで
ご案内~。

DSC04859.jpg
メイス島までは
このお船にお世話になるのだ~。

約30~40分くらいの
短い船旅を経て、
いざ!メイスへ!

ひつじと~ちゃんは
船乗り場まで
見送りに来て

さいなら~と
ハマムへと消えて行ったw

どこまでも
おやじだw

DSC04809.jpg
チケットを買う時に
パスポートも預けて

後は、
フェリーの会社が

出入国の手続きを代行
してくれるので
ラクちんである~♪

DSC04810.jpg
あっ!
見えてきた!
メイス島だ!!
わくわく~♪

ナンか、建物も
コジンマリと
カラフルで

トルコとは
違う感じ~♪

船でお会いした
なみこさん、という
大学生さんと

のりさんと
お友達君の

2人の世界一周組君と
一緒に

船を降りて
青の洞窟行きの
ボートを見つける事に。

DSC04817.jpg
港には
ずらり、と

カフェやレストランが
並ぶ。

どれも
お洒落な感じ~!

DSC04857.jpg
カフェやレストランに紛れて
こんな看板もぞろぞろ。

乗り合いの
ボートが

あっちからも
こっちからも
出てるのだな。

早速、そのうちの一つに
値段を聞いてみる。

6人なんだけど…
それなら、一人10ユーロで
行けるわよ!

わ~い!
ラッキ~!!!

…と こ ろ が!!!
予約係りのお姉ちゃんが
船のキャプテンと
電話で話したところw

本日は、水位が高く
洞窟の入り口から

船は中に入れないので
泳いで中に入る人だけ

連れてってやる!
とのこと!!!!

どえ~~~~!!!!
泳ぐ事態は
想定してなかった!!

しかも、子供連れだし
泳ぐのは無理だよw

なみこさんも
あたしは泳ぐの苦手だし、無理だ~w
と、パスw

のりさんと
お友達君は

僕達、水着着てきたから
オッケーっす!と

洞窟へ
行ってしまいましたw

かなし~wwww
これが目的だったのにいいいいwwww

2時にもう一度
聞きに来てちょうだい。

もし、水位が下がってたら
船で行けるから、

という
お姉さんの励ましのモトに

とりあえず
乗り合いボートの場所を
離れるw

現在11時。
2時まで、何するかな~www

DSC04815.jpg
とりあえず
カフェに座って

お茶でも飲んで
気を取り直そう。

しかしw
ユーロ圏ですからw

何でも
高く感じますなあ~www

アイスコーヒー
1杯6ユーロ。

6ユーロ…
約12リラw

トルコだったら
絶対、飲まんわw

DSC04819.jpg
水辺をウロウロする
子供達。

本当、水が澄んでて
カフェで座ってる

すぐ足元で
サカナが泳いでるのだ。

なんか。
すっげ~!!!

あたし、ナンか適当に
そこら辺、うろうろします~

という
なみこさんと
別れて

DSC04962.jpg
こんなガイドブックを
購入して

とりあえず
ウロツイテみることにする。

こんな
ちゃっちい小冊子が
7ユーロだぞ!!

ちなみに
メイス島は

ギリシャ語で
「kastellorizo」島と
いうそうだ。

何て
読むんだろうなあ~?
カステロリゾ?

ギリシャ語
難しい~w

続く!




本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます!

左の「トルコ情報」から
ぽちっと応援、よろしくお願いしまっす♪

ご協力お願いします!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
アクセスカウンター
応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
              携帯の方は、こちらから~♪ にほんブログ村 トルコ情報
海外旅行 ブログランキングへ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フラッグカウンター
Free counters!
プロフィール

トルコのひつじ飼い

Author:トルコのひつじ飼い
楽天ブログから、引越しました!トルコ在住12年。カッパドキア地方からの、ぐ~たらな毎日を、お届けしまっす♪リンクも大歓迎です!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
現在の閲覧者数
下をみてね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。